美白をしてシミ予防!!シミ予防をしよう!

これから日差しが強くなってきて紫外線対策に力が入りますね★

スポンサーリンク

美白対策していますか?

前回のブログにも書きましたが、

美白について

けっこう勘違いされている人が多いんです。

美白=肌を白くする

ではありません。

あくまでも美容業界での「美白」とは、

元からの肌の色を保つ

今以上に肌を黒くしない

という意味で使われています。

つまり、

<これから日焼けで黒くなるのを予防する>

<メラニン色素の黒化を予防する(シミを防ぐ)>

という事なのです。

美白(びはく)とは、色素沈着が少なく、かつ光の反射量が多い、明るい美しい肌の色ことをいう。主にの肌について用いられる。生物として生活している限りは、純白であることは困難だが、美白はできるだけ白に近づくことを目指している。

出典:wikipedia 

では一般的な美白化粧水は何が出来るの?

・日焼けしてしまった肌を元の肌色に戻す

・シミやそばかすの予防

・赤いニキビ跡をケアする

・くすんでしまった肌に透明感を与える

・色素沈着による鼻の黒ずみなど毛穴ケア

・肌のキメを整え肌を明るくする

これを念頭に入れて自分にあった美白化粧品選びをしていきましょう!!

あくまでも現状維持をするものなんです

シミ予防のための美白成分の働きが知りたい

シミは、メラニン色素が沈着することで生じます。

通常は肌のターンオーバーによりメラニン色素は約28日間で剥がれ落ち、

新しい皮膚が生まれ元の肌の色に戻るようになっていますが、

日焼けや乾燥やストレスなどが原因でターンオーバーがうまくいかない場合にうまく剥がれ落

ちずに色素が沈着してシミになってしまうのです。

ターンオーバーの乱れ」ってよく聞きますよね。

なので、シミを予防するには、

メラニンの生成を抑制すること、ターンオーバーの乱れを整えることが重要なんです。

メラニンの生成を抑制するには?

メラニンの生成を抑制するのに必要な美容成分があります。

・メラニンができる際に働く、チロシナーゼという酵素の働きを抑制する

【ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、リノール酸、プラセンタ】

これらの美容成分は他にも肌のターンオーバーの乱れを整える効果のほか、コラーゲンの生成を促し、皮脂分泌の量を調整する働きもあるんです。

出典:メラノサイト(色素細胞)の解説と働き

・メラニンを産生する細胞である「メラノサイト」の活動を抑制させる

【トラネキサム酸】 

トラネキサム酸は、他にもニキビ跡の色素沈着を防いだり、肝斑にも効果を発揮してくれます。

これらの成分の入っている美白化粧品を選ぶようにしましょう!!

ターンオーバーの乱れにはピーリング

美白成分を取り入れると同時にピーリングも行って乱れてしまった肌のターンオーバーを整え

ましょう!!

ピーリングとは、

専用の化粧用品を塗ることで肌表面にある古い角質を剥がし、

新たな角質の再生を促すスキンケア方法です。

無駄な角質を除去することでくすみの改善をして顔色が明るくなり、

シミを薄くする効果が期待できます。

またピーリングをすることで古い角質が除去されるので化粧水の浸透がよくなります。

週に1〜2回、

お肌の様子をみて行ってください。

やりすぎは肌を傷めてしまうので注意です。

敏感肌の人や乾燥している人は使用を控えてくださいね。

サンソリット スキンピールバー ティートゥリー

日々のケアが大事なんです

日々のケアでシミやしわは防げます。

紫外線対策には今から十分に気を付けてください。

美白化粧品はもちろん、

日傘やUVクリームなどの紫外線対策には充分気を付けましょう!!

数年後、

後悔しないために今から出来ることたくさんありますよ☆彡

美白 化粧品 美白 美容液 美白 効果 美白 クリーム 美白 美容 液 人気 美白 美容 液 口コミ  


美白 化粧品 美白 美容液 美白 効果 美白 クリーム 美白 美容 液 人気 美白 美容 液 口コミ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

☆クリックが励みになります☆