☆乾燥対策〜肌の乾燥編〜☆

こんにちは(^^)

今年になって初めて花粉症になりました(+_+)

子供も花粉症で目が痒いみたいです・・

私は鼻のムズムズとクシャミで大変。

まさか30歳越えて花粉症になるとはーーーーー!!!!

スポンサーリンク

今回は<悩めるお肌の乾燥>について

冬は肌が乾燥してガサガサするし、

化粧のノリが悪くなるし、

そうすると顔色も悪く見える・・・・・

そんな悩みが尽きません(´;ω;`)

私が以前BAをしていた時のお客様のお悩み№1はやっぱり<乾燥>でした★

お肌の乾燥を放置すると様々な肌トラブルの原因になります!!

  • かゆみ
  • 赤ら顔
  • 毛穴の開き
  • 小じわ
  • たるみ
  • くすみ

お肌の<老化><劣化>の原因の大きな要因がこの憎い【乾燥】なんですよね”(-“”-)”イライラ

お肌の乾燥を外から防ぐためには<正しいスキンケア選び>が重要になっているので、

私がこだわっているスキンケア成分をまとめてみました♪

まず基本は、

■お肌が乾燥している方は、肌の角質層まで浸透する化粧水と油分の多い乳液やクリームを使って肌の水分を逃がさないようにしましょう!!

化粧水は肌に水分を与えて、クリームや乳液はそれを逃がさないように蓋をするものです★

必ずセットで使いましょう(^_-)-☆

今はオールインワンのスキンケアもたくさん出ているので忙しい人は試してみるのもいいかもしれません。

私は化粧水、美容液、クリーム別になっているものが好きです(^^)

■お肌の乾燥を防ぐために、洗顔したら(または入浴後)すぐにお手入れをしましょう!!

洗顔後はどんどんお肌から水分が蒸発しています★

ここで大事なポイントですが、

【化粧水は水溶性の保湿成分入り】のものがいいです。

水溶性の保湿成分とは

・ヒアルロン酸

・コラーゲン

・エラスチン

・グリセリン

・プロピレングリコール(PG)

・ブチレングリコール(BG)などです。

みなさんどれかは聞いたことはあるはず☺

この成分が入っている化粧水をたっぷりお肌に入れ込んでください。

優しく手で入れこむのがポイントです☆彡

そして、【乳液やクリームなどお肌に蓋をするものは、油性の保湿成分が入ったもの】が好ましいです。

油性の保湿成分とは

・セラミド(ヒト型セラミド )

・ステアリン酸コレステロール

・スフィンゴ脂質

・水素添加大豆レシチンなどです。

なかなか聞きなれないものばかりですが美容の世界では常識!!っていうくらい大切な成分です☆(研修中、覚えるのに苦労したなぁ・・涙)

化粧水や美容液を付けた後、

手で顔を覆うように優しくつけます。

こすらないように注意してくださいね★

それでも全然改善されない方は<ワセリン>や<馬油>を試してみてください♪

これらはたくさんつけるとベタベタしますし、

そのベタベタにホコリや髪の毛がついてしまうと、

今度は肌荒れの原因になってしまうので、一番最後に少量を薄く膜を張るイメージで優しく伸ばしてお肌をガードしてください(^^)

ワセリン自体は肌に浸透して保水効果があるわけではなく、

あくまで表面を保護するものですのでゴシゴシ擦り込む必要はありません☆

私はワセリンと馬油、

使い分けています(^^)

日々のスキンケアでお肌の調子が左右します。

大切なお肌なのでこまめに保湿していきたいですよね(^^)