☆キレイ肌を目指そう!!正しい洗顔方法は?

スポンサーリンク

今回は正しい洗顔方法について☆

洗顔ってただ顔を洗うだけでしょ?って思われがちですが実は一番気を付けなくてはいけないことなんです。

どんなに高い化粧品を使ってもお肌が汚れていたり毛穴がポカーンって開きっぱなしだと効果が半減しちゃいます。

例えば絵を描くときも汚れた画用紙よりきれいで白い画用紙のほうがキレイに描けますよね。

お肌も同じです。

まずはお肌のキャンパスをキレイにしましょう!!

スキンケアの役割を知ろう(洗顔編)

クレンジング料

まず初めにメイクを落とすクレンジング。

クレンジング料には、メイクや皮脂汚れなどの油性の汚れを落とす役割があります。

水と油は混ざり合わない性質のため、水洗顔だけでは油性の汚れを落とすことが出来ないのです。

そのため水だけでなく油性成分を洗い流すことができるクレンジング料が必要なんです。

中には、油分が含まれていないクレンジングもありますが、

メイクをした日は、ちゃんとクレンジング料で落としたほうがいいです。

洗顔料

洗顔料(石鹸)は汗や垢、古い角質やホコリといった肌の水性の汚れを落とすものです。

そして肌に残ってしまったクレンジング料もキレイに落としてくれるのでクレンジングをした日には洗顔料も使ってお肌の汚れをリセットしましょう。

正しい洗顔料の選び方

様々な洗顔料がある中、

自分に最適な洗顔を見つけることが美肌の秘訣です☆

クレンジング料の選び方

クレンジング料は主に、油性の汚れを浮き上がらせるために必要な<油性成分><水性成分>、油分と水を洗い流すための橋渡しとなる<界面活性剤>が配合されています。

オイルタイプ・ジェルタイプ・ミルクタイプと、色々な種類があるのは上記の成分の配合量が異なるからです。

一般的にはオイルタイプが一番洗浄力があり、次いでジェル、クリーム、ミルクタイプという感じで洗浄力が違います。

なのでその日のメイクの濃さで使い分けるのがベターです。

ただどこまでが濃いのか薄いのかわかりませんよね。

基本的には肌をこすらずになでるようにクレンジングしたときにスッキリ落ちるものがいいです。

お肌をゴシゴシこすってしまうとトラブルの元なのでなるべく摩擦を避けてください。

↓↓やさしく落としてくすみも改善↓↓

毎日使うものだからこそいいものを・・・♡

↓↓美容液入りクレンジングクリーム♪↓↓

毛穴対策をしながらスキンケア♬

洗顔料の選び方

洗顔料は洗い終えたときに肌がつっぱらないかどうかが重要です。

クレンジングをしたお肌は乾燥しがち。

そこにあまり洗浄効果の高い洗顔料を使うと乾燥トラブルの原因になってしまいます。

クレンジングで油性の汚れを落としたのだからあまり強く洗わなくても汚れは落ちていますよ☆

すすぎの時はぬるま湯で丁寧に流してくださいね(^^)

↓↓ 大ヒットした飲む日焼け止め&美白のサプリ「ホワイトヴェール」シリーズ↓↓

★無添加・天然クレイの美白洗顔料★

プランセンタエキスやコラーゲンの力で、すっきり洗えるのにモチッと潤うエイジングケアも同時に叶えちゃう♪

↓↓毎日使えるやさしい酵素洗顔料↓↓

低刺激・無香料・無色素で敏感肌の人にオススメです。

 ★☆★VOCEコスメランキング洗顔料部門1位獲得★☆★

↓↓洗顔しながら美白ケア(*´▽`*)↓↓

これからの時期に嬉しい♡

まずはお得にお試しから・・☆

※66%オフで試せちゃいますっ!!※


正しい洗顔をしてキレイなお肌を手に入れましょう(*^^*)

スッピンに自信が持てるようになるには正しい洗顔からですよ☆☆☆

▼併せて読んでくださいね▼

☆紫外線対策しよう!!日焼け止めの選び方☆ ⇐check!!

☆乾燥対策していますか?正しい洗顔のススメ☆         ⇐check!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

☆クリックが励みになります☆