体脂肪率ってなに?皮下脂肪・内臓脂肪減らし方

前回の記事

BMI計算方法 美容体重やモデル体重

は読んで頂けたでしょうか?

そこで書いたようにダイエットは体重を落とすというより体脂肪を減らすことが重要という話をしました。

では体脂肪率って何だろう?

今回は体脂肪率について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

体脂肪率とは?


体脂肪率とは体の中で体(体重)に占める脂肪の割合をパーセントで示したものです。

今は体脂肪計以外にも体重計にも体脂肪率を測定できる機能が備わっていますので

簡単に自分の体脂肪率を測定することが出来ますね。

体脂肪とは「皮下脂肪」「内臓脂肪」の両方を差しています。

では「皮下脂肪」「内臓脂肪」とは何でしょうか?

皮下脂肪とは?




皮下脂肪とはズバリお腹や脚、お尻や下半身などの皮膚のすぐ下につく脂肪の事です。

お腹をつまむと掴める部分の事ですね;;

この脂肪は徐々に蓄積されていきなかなか落ちにくいという特徴があります。

授乳期のたくわえとして皮下脂肪がつきやすいという性質があり、

女性のほうが皮下脂肪がつきやすいんです。

出産後に急にお腹の脂肪が気になる・・

年を重ねるごとにお腹が気になってきた・・

なんてよく耳にしますよね。

お腹から下半身に脂肪が多くつくので「洋ナシ体型」などといわれています。


皮下脂肪の落とし方

皮下脂肪はなかなか落としにくいといわれていますが、

外からの刺激を加えることが可能のためマッサージで血行促進をしたり、

有酸素運動や筋トレ運動で減らすことが可能です。

また食生活の改善も心掛ける必要があります。



内臓脂肪とは?

体の中の内臓につく脂肪の事です。

外からは見えにくく一見太って見えない人でも内臓脂肪がついているなんてこともあるんです。

内臓脂肪がつく原因は、

生活習慣の影響が大きく、ホルモンの関係で男性につきやすいのが特徴です。

血行のよい内臓や、

栄養の代謝に関係する臓器の周りにつくため、

蓄積されるのは早いですが、分解されるのも早いので比較的落としやすい脂肪です。

内臓脂肪が多いと糖尿病などの生活習慣病の原因になるので、

健康診断などで行われるメタボリックシンドロームの診断で、内臓脂肪がどれくらい蓄積されているか調べるのが必須項目になっています。

内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪は比較的に落ちやすく、

食生活の改善や軽い運動を日常的に行うことが重要なポイントです。

油分、糖分を控えてタンパク質や食物繊維をしっかり摂るように意識します。

理想の体脂肪率は?

これは(株)タニタにて公表された数値です。
【タニタの健康オンラインショップ】

これを参考にして自分の体脂肪をチェックしてみてください。

現代では体重は多くないけれど体脂肪が多い【かくれ肥満】の人が多いんです。

一度しっかり自分の体脂肪率を知っておくことで生活習慣病予防にも繋がります。


体脂肪を減らすために

体脂肪を減らすためには、

食生活の改善

✖揚げ物や脂っぽいものばかり食べていませんか?

サラダなど野菜中心の食事に変えてみてください

✖アイスクリームやジュースなど糖分の摂取量が多くないですか?

アイスクリームは糖分のほかに脂肪分もたっぷりです。食べる回数を減らしましょう

✖お酒(アルコール)の摂取量は多くないですか?

お酒を飲むとついおつまみも食べたくなります。カロリーも気になります

✖食物繊維やタンパク質不足ではないですか?

体に大切な栄養素をしっかり摂るようにしましょう

・運動を習慣にする

✖座り仕事で運動不足ではないですか?

ずっと座っていると浮腫みや運動不足になりがちです

✖食事のあとゴロゴロしていませんか?

食休みは大切ですが夕食後すぐに寝てしまうのはNGです

✖階段を上らないでエレベーターばかり使っていませんか?

日常から歩く癖をつけるだけでも効果は大きいです



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

☆クリックが励みになります☆