☆紫外線対策しよう!!日焼け止めの選び方☆

こんにちは(^^)

一気に暑くなってきましたが紫外線対策していますか??

私は思いっきり「ガングロ時代」を謳歌してきまして。。。

今になって後悔しまくっています(´;ω;`)ウゥゥ

昔は全然気にならなかったシミがここ数年でポツリポツリと顔を出してきました。

結構しっかり紫外線対策をしてきたはずなのに・・

スポンサーリンク

今回は紫外線対策について解説します

紫外線っていつがピークなの?

夏だけ紫外線対策をしたほうがいいと思っている方が多いですが実は一年を通して紫外線対策をしないと意味がないんです。

■年間の月別紫外線量

UVA(紫外線A波)1年を通して注意をしなくてはいけないもの

4月~8月がピークです。

それ以外の月でもピーク時の半分以上の量があるので年間通じて予防しましょう

UVB(紫外線B波)春から秋までは特に注意しなくてはいけないもの

1年を通じて差が激しく、4月から徐々に増え始め、5月~8月がピークになります。

つまり一年を通して紫外線対策をしないとダメなのです!!

特に5月あたりから紫外線量がピークを迎えるので気を付けていかないと数年後悲しいことになってなってしまいます(体験談)

では実際に紫外線対策はどのようなものがあるのでしょうか??

紫外線対策をしよう!!

まず一番大事なことは日焼け止めをしっかり塗ることです。

日焼け止めは紫外線対策には必要不可欠なアイテム。

テクスチャーや使用感もさまざまなので自分に合ったものを見つけることがポイントですよ。

日焼け止めの選び方は?

日焼け止めは、TPOに合わせてSPF・PAの数値を選びましょう。

SPF・PAの数値は、高いほど紫外線の影響を受けにくくします。

例えば真夏に海やBBQで使う場合と、日常の通勤や買い物で使う場合では、使わなくてはならないSPF・PAの数値も変わってきます。

ではSPFとPA値ってなんだろう?

SPFというのは、肌が紫外線を浴びて赤くなりはじめる状態をどのくらい引き伸ばせるかを表す数値です。

SPF1が20分に相当します。2なら40分、3で60分、ということになりますのでどのくらい(時間)紫外線を浴びるのかで決めましょう。

例えばSPF25の日焼け止めの場合だと、20分×25=500分=8時間20分、肌が赤くなることを防げる計算になります。

PAというのは、紫外線A波をブロックする数値です。

紫外線が肌に当たった2~4時間後に、メラニンが黒くなること(黒化)を防ぐ度合いを「+」で表しているのです。

簡単にいうと紫外線を浴びたときに、日焼け止めを塗らない状態に比べて肌が黒くなるまでの時間をどれだけ延ばせるかを示したものですね。

・+   → 効果がある

・++  → かなり効果がある

・+++ → 非常に効果がある

・++++→極めて効果が高い

となっています。

ちなみにこのPA値というのは日本独自の数値なのです。


資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N 60ml

ちなみに私はコレを愛用しています(*´▽`*)

今年は森星ちゃんがCMしていますね♡(可愛いし脚が長くてキレイすぎるー)

昨年美容部員さんに教えて貰ったこの資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N 60mlは化粧前につけても重くならずとてもいい感じでした(^^)

SPF50PA+++で暑い真夏に子どもと公園でメダカ捕りも気兼ねなく出来ちゃいました(*´▽`*)

そして塗るだけじゃなく今どんどん出てきた飲む日焼け止めも一緒に飲んで日焼け対策をしましょうっ!!


初回半額なのがとても嬉しいオススメ商品!!

日差しの強い日の外出や屋外でのスポーツやアウトドアに是非(^^)/

お肌のトラブルにしっかりアプローチしてくれて、

サプリメントだから塗り直しはナシ♪簡単です☆彡

成分にも徹底的にこだわったサプリで中から紫外線対策もしましょう!!

今は外と中からも紫外線対策が出来るので心強いですね(*´▽`*)

定期コースで【初回半額】1日1回の新習慣!

待ちに待った楽しい夏♪

紫外線対策をきっちりして楽しく過ごしたいですね☆彡

次回も紫外線対策について書こうと思います♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

☆クリックが励みになります☆